大田原キャンパス

言語聴覚学科

DEPARTMENT OF SPEECH AND HEARING SCIENCES

教員紹介

講師 小森 規代

  • 担当科目
    • 失語症学、失語症学演習ほか
  • 略歴
      • 国際医療福祉大学卒業
      • 修士(保健医療学) 国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科
      • 博士(保健医療学) 国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科
      • 認定言語聴覚士 失語・高次脳機能障害領域
    • <職歴>

      • 国際医療福祉大学病院リハビリテーション室
  • 研究分野/専門分野
    • 高次脳機能障害学領域
  • 研究テーマ
    • 神経変性疾患における高次脳機能障害,読み書き障害
  • 研究業績
      • 小森規代 ,前田眞治:症例から学ぶ脳卒中症候学(分担執筆),(編)田川皓一,西村書店,2016
      • 小森規代 ,城間将江:保健医療福祉のための臨床推論(分担執筆),(編)北島政樹,朝倉書店,2016
      • 小森規代 :言語聴覚士のための臨床実習テキスト(成人編)(分担執筆),(編)深浦純一ら,建帛社,2016
      • 小森規代 ,橋本律夫:標準高次脳機能障害学第二版 14章運動ニューロン疾患の高次脳機能障害(編)藤田郁代,阿部昌子(編):医歯薬出版, 2015(分担執筆)
      • 小森規代 他:左中前頭回脚部病変により純粋仮名失書を呈した一例-音節、モーラ、仮名の対応関係からの分析高次脳機能障害学33巻3号P356-363,2012
      • 小森規代 他:筋萎縮性側索硬化症における言語障害―書字機能の検討;神経心理学, 第28巻3号P215-222,2011
      • 小森規代 :漢字の情報処理についての一考察―第6回日本神経心理学会優秀論文賞を受賞して,神経心理学,第27巻1号P3-7,2010
      • 小森規代 他:左側頭葉後下部病変による漢字失書例―漢字の構造と要素からの分析,神経心理学第25巻3号P221-227, 2009
  • メッセージ
    • 「メリハリ」
      学ぶときは学び、遊ぶときは遊び、楽しむときは楽しみ、色々な経験を通してステキな仲間を作ってください。
  • 連絡先