大田原キャンパス

作業療法学科

DEPARTMENT OF OCCUPATIONAL THERAPY

作業療法学科

  • 夢ナビ講義
  • 学科紹介MOVIE

学科長の挨拶

リハビリテーション[作業療法]
~心理面にアプローチするリハビリテーション専門職~

作業療法学科長 谷口 敬道 教授

作業療法学科長
谷口 敬道教授

作業療法士。工学博士。国立療養所東京病院付属リハビリテーション学院卒業。東京理科大学、日本大学大学院理工学研究科医療・福祉工学専攻博士課程修了。社会福祉法人重症心身障害児施設毛呂病院光の家での臨床経験を経て、1993年財団法人国際医療福祉大学設立準備室に入職。本学の創設に参画し現職。専門は小児作業療法学。重度の障害児の療育から通常学級・支援学級、特別支援学校における特別支援教育など幅広く活躍。

毎日の生活に必要なさまざまな力を取り戻したり、新たに見いだす仕事

作業療法士は、医療、保健・福祉領域の各現場をはじめ、教育領域の養護学校、職業関連領域の授産施設や小規模作業所などに勤務し、食事・衣類の着脱・洗面・入浴といった日常的な身の回りの活動や、買物・掃除・他人との交流・余暇活動・仕事などのより広い社会的な活動を行う力を取り戻したり、新たに見いだすことを仕事とします。
対象となるのは、身体的障害、精神的障害、発達的障害、老年期特有の障害などを持つ人々や障害が予想される人々で、治療や援助の内容も患者の状態、疾患や障害の特性によって異なります。例えば、手に障害を負った人ならば、その人が好む手作業を行うことで関節を広げ、筋力を増強させ、より細かな動きが行えるよう導き、他の子どもと上手に遊べない幼い子どもならば、遊びの内容を工夫し、その子どもの社会性を伸ばすように働きかけます。
回復が難しい場合は、失った機能を代償する自助具や他の福祉機器を工夫、開発したり、住宅環境の改善も行います。

障害を受けてからの時期や勤務する領域を考えた仕事内容

作業療法士が働く現場は、「急性期」「回復期」「維持期」というふうに、障害を受けてからの時期で特徴づけることもできます。
急性期では、後々にできるだけ障害を残さないための治療を、回復期では、受けた障害を回復させつつ、代償機能の開発にも目を向けます。維持期では身体的・精神的な機能を維持し、低下を予防。
また、家庭で生活する人も対象となり、地域の医師、保健婦、福祉専門職などと協力することも多くなります。また、勤務場所が都道府県全域を対象とした広域機関か、一つの市町村を対象とする機関かによっても、役割が違います。
障害を持つ人々が速やかに日常生活に復帰するために、作業療法士たちが各々の役割や立場を理解して協力し合うことが大切なのです。

前向きな気持ちを引き出す関わり。それが良い結果を生み出す

作業療法士が何よりも心がけるべきことは、対象となる人々のこれまでの生活や価値観を大切にし、社会生活に復帰したい気持ちを支えること。
どんなに作業療法士たちが懸命に働きかけても、本人たちが前向きに取り組む意志を持てなければ、治療や援助の過程で多くの困難が生じます。障害を持つ人々が前向きに生きる力を支える知識・技術を学ぶ努力と現場の経験の中から繰り返し学ぶ努力が、やがて実践の場での最良の結果を生み出すのです。