大田原キャンパス

放射線・情報科学科

DEPARTMENT OF RADIOLOGICAL SCIENCES

放射線・情報科学科

学科長のごあいさつ

放射線・情報科学科長

放射線・
情報科学科長
内藏 啓幸教授

東京大学卒。(株)東芝、東芝メディカルシステムズ(株)でCTをはじめとする画像診断装置、医療情報システムの研究開発に従事。
CT開発部長、統括技師長、取締役上席常務などを歴任。

医療の進歩は目覚ましく、日本人の死亡原因のトップ3のがん、心疾患、脳血管疾患も早期発見、早期治療で治る確率が高くなってきています。その早期発見、早期治療には近年の画像診断装置、放射線治療装置の技術進歩が大いに貢献しています。これら最先端技術を駆使した装置を操作し、医療を支える高度でやりがいのある医療専門職が診療放射線技師です。
当学科では、診療放射線技師、医師、理工系教員が、それぞれの専門性を生かし、基礎から高度な専門技術まで、他校に類のない充実した学内設備を用い講義・実験・実習を行いて、社会が求める高度な能力を身につけた診療放射線技師の育成に全力を挙げています。


しかし、高度な知識、技術だけでは社会の期待にはこたえられません。病気に不安を持つ患者さんや、見慣れない装置におびえる子どもたちなど状況に合わせて、患者さんを思いやり、患者さんの身になって対応できる豊かな人間性が必要です。
当学科では、5つの本学附属病院をはじめ多くの協力施設での臨床実習や、他学科と共同して行う関連職種連携教育、さらに総合教育センター所属の教授陣による講義なども加え、診療放射線技師に求められる豊かな人間性を育むことに力を入れています。


また、情報技術の発展により、今や病院内のあらゆる情報が電子化されています。これからの診療放射線技師にはデジタル医用画像や電子カルテなどの情報を処理し管理する能力も求められます。 当学科は各種情報システムを設備し、情報技術教育を重視した講義、演習で、情報技術の優れた能力を身につけることにも注力しています。


以上の教育方針に基づき、本学の基本理念である「共に生きる社会」の実現の一端を担える診療放射線技師の育成を行っています。