大田原キャンパス

放射線・情報科学科

DEPARTMENT OF RADIOLOGICAL SCIENCES

放射線・情報科学科

4年間の学修の流れ

高い専門性と豊かな人間性を兼ね備えた診療放射線技師を育てます

X線や磁気、超音波、放射性同位元素を用いた画像診断装置と情報技術を駆使して診断に最適な画像を提供する。そして高エネルギーX線や粒子線を用い悪性腫瘍に対する正確で効果的な放射線治療を支える高度医療専門職、それが診療放射線技師。当学科では社会のニーズに応え質の高い医療を実践できるよう、基礎から高度な専門技術までを体系的に修得するとともに、患者様を思いやり、患者様の身になって対応できる豊かな人間性を兼ね備えた診療放射線技師になるためのカリキュラムを組んでいます。

1年次

実習の様子
  • 豊かな教養と必要となる基礎知識を高め、 専門的な学修への基礎を固める

4年間の専門的な学修を体系的に進める上での基礎科目となる数学・物理学・化学・生物学の基礎を固めます。さらに、専門基礎科目では診療放射線技術の基礎知識、診断や治療を支える各種機器の基礎、および医学の基礎である解剖学・生理学・医学概論などを学修します。また、総合教育科目で幅広い教養を身につけ、豊かな人間形成を目指します。

2年次

  • 講義と実験の両面から本格的に診療放射線学を学ぶ

放射線物理学、放射線計測学などの専門基礎科目、およびX線撮影検査、X線CT検査、MRI検査、超音波検査等の検査技術や装置の原理などの専門科目を実践的に学修します。さらに、核医学検査や放射線治療に関する基礎を学びます。また、情報処理端末とネットワークを整備した充実した環境で医用情報処理の基礎を学修します。

3年次

  • 11週間の「臨床実習」で医療従事者としての姿勢を体得する

前期は核医学検査、放射線治療の臨床技術を学び、その他に臨床で必要とされる知識や技術を習得します。また、放射線の人体に対する影響や安全管理について学修します。後期は本学の附属施設を含め、1都8県にある約40施設で臨床実習を行ない、臨床現場で必要な知識・技術、診療放射線技師の役割、患者様への接し方などを実践的に学修します。

4年次

実習の様子
実習の様子
  • 専門科目・卒業研究に取り組みながら、国家試験に向けた学修に取り組む

MRI特論、放射線腫瘍特論、画像情報学特論、死亡時画像診断学など、より高度で専門的な授業を選択できます。同時に、4年間の学修の集大成として卒業研究に取り組みます。卒業研究は指導教員のもとで各自が自主的に研究課題に取り組みます。また、国家試験、就職に向けた指導教員からの決め細やかな指導と、講義、模擬試験などの強力なバックアップも行われます。


放射線・情報科学科が実施する教育の特徴

手を動かし、見て・触れて・考える実験と、多分野に渡る知識の習得を行う講義が連携した教育を実践します

放射線・情報科学科で修得する内容は、放射線技術学の基礎となる物理学・電気電子工学から、医療従者としての必要な画像解剖学・患者様接遇と多岐に渡ります。これら診療放射線技師として必要な知識と技術を、実験と講義との連携を図り、身につけていきます。本学では幅広い教養に裏打ちされた理論と実践の知識の獲得に向けて、学年が進むにつれて段階的に習得していけるようなカリキュラム体系となっています。

6つの附属関連施設(国際医療福祉大学病院、国際医療福祉大学附属熱海病院、国際医療福祉大学三田病院、国際医療福祉大学塩谷病院、国際医療福祉大学市川病院、山王病院)をはじめ多くの協力施設を利用した臨床実習を実施します

1年次に大学附属病院を利用し、医療の専門職となることの早期体験実習であるEarly Exposureを行います。3年次には11週間の臨床実習を行い、医療現場における実践的な指導を受けます。臨床実習は附属関連施設以外にも東北から関東地域にかけて約40施設で実施しています。4年次の卒業研究では、附属病院との協同研究を実施し、臨床に則した研究手法を学ぶ事も可能です。

診療情報システムを使いこなすための実践的教育を実施します

医療機関では発生する画像情報・医用情報に精通した診療放射線技師が求められています。本学では情報処理端末とネットワーク環境を整備し、充実した情報処理教育を実践しています。また、画像ネットワークシステムや仮想病院システムを体験し、医療情報システムの基礎を学びます。