大田原キャンパス

薬学科

教員紹介

薬学部 薬学科 学科長・教授 八木 秀樹

  • 担当科目
    • 【学部】
      免疫学(2年)
      病原微生物学(3年)
      薬学概論(1年)
      薬学演習Ⅲ(3年)
      病院・薬局事前実習Ⅰ(4年)
      分子生物学実習(3年)
      基礎薬学実習Ⅱ(生物)(1年)
    • 【大学院】
      応用薬学総合特論
  • 略歴
    • 【学位・学歴】
      東北大学薬学部卒業 大学卒業
      薬学修士東北大学
      薬学博士東北大学
    • 【職歴】
      塩野義製薬株式会社研究所 研究員
      東北大学医学部 助手
      近畿大学薬学部 助手
      近畿大学薬学部 講師
      近畿大学薬学部 准教授
    • 【資格】
      薬剤師
  • 研究分野/専門分野

    免疫学、組織学/腫瘍免疫、フローサイトメトリー、モノクローナル抗体の作製

  • 研究テーマ

    ①リゾリン脂質によるリンパ球移動機構の解明
    ②複数回膜貫通膜たんぱく質に対する新規モノクローナル抗体の作製とその機能の探索
    ③がん転移機構の解明とその阻害薬の探索

  • 研究業績

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/read0180245


    • 【論文】
      スタンダード薬学シリーズⅡ 4 生物系薬学Ⅲ 生体防御と微生物、東京化学同人、2016年
    • 【論文】
      ・Ueda, S., Hayashi, H., Miyamoto, T., Abe, S., Hirai, K., Matsukura, K., Yagi, H. et al., Anti-tumor effects of antibodies to L-type amino-acid transporter 1 (LAT1) bound to human and monkey LAT1 with dual avidity modes. Cancer Sci., 110: 674-685, 2019. IF= 4.372
      ・Hara, Y., Torii, R., Ueda, S., Kurimoto, E., Ueda, Eri; Okura, H., Tatano, Y., Yagi, H. et al., Inhibition of tumor formation and metastasis by a monoclonal antibody against lymphatic vessel endothelial hyaluronan receptor 1. Cancer Sci., 109: 3171-3182, 2018. IF= 4.372
      ・Ookura, M., Fujii, T., Yagi, H. et al., YM155 exerts potent cytotoxic activity against quiescent (G0/G1) multiple myeloma and bortezomib resistant cells via inhibition of survivin and Mcl-1. Oncotarget, 8:111535-111550, 2017. IF=5.168
      ・Takamura, S., H. Yagi, Y. Hakata, C. et al., Specific niches for lung-resident memory CD8+ T cells at the site of tissue regeneration enable CD69-independent maintenance. J. Exp. Med., 213: 3057-3073, 2016. IF=10.79
      ・Maeda Y, Yagi H, Takemoto K, et al., S1P lyase in thymic perivascular spaces promotes egress of mature thymocytes via up-regulation of S1P receptor 1. Int. Immunol., 26: 245-255, 2014. IF=5.189
      ・Ishimoto T, Nagano O, Yae T, Tamada M, Motohara T, Oshima H, Oshima M, Ikeda T, Asaba R, Yagi H, et al., CD44 Variant Regulates Redox Status in Cancer Cells by Stabilizing the xCT Subunit of System xc(-) and Thereby Promotes Tumor Growth. Cancer Cell, 19: 387-400, 2011. IF=22.844
    • ・Ohno, Y., Suda, K., Masuko, K., Yagi, H. et al., Production and characterization of highly tumor-specific rat monoclonal antibodies recognizing the extracellular domain of human L-type amino-acid transporter 1. Cancer Sci 99:1000-1007, 2008. IF= 4.372
      ・Ohno, Y., Yagi, H., Nakamura, M. et al., Cell-death-inducing monoclonal antibodies raised against DT40 tumor cells: identification of chicken transferrin receptor as a novel cell-death receptor. Cancer Sci 99:894-900, 2008. IF= 4.372
      Yagi, H., Kamba, R., Chiba, K. et al., Immunosuppressant FTY720 inhibits thymocyte emigration. Eur. J. Immunol., 30: 1435-1444, 2000. IF=4.248
      ・Nakamura, M., Yagi, H., Ishii, T. et al., DNA fragmentation is not the primary event in glucocorticoid-induced thymocyte death in vivo. Eur J Immunol, 27:999-1004. 1997. IF=4.248
      Yagi, H., Nakamura, M., Ishii, T. et al., Ultrastructural analysis of mouse thymocyte subpopulations. Eur J Immunol, 27:2680-2687. 1997. IF=4.248
      Yagi, H., Matsumoto, M., Nakamura, M. et al., Defect of thymocyte emigration in a T cell deficiency strain (CTS) of the mouse. J Immunol, 157:3412-3419. 1996. IF=4.539
    • 【研究費】
      文部科学省 科学研究費 基盤研究C 「新規リンパ管新生因子に着目したリンパ行性転移機構の解明」 八木秀樹 (2019−2021年度)
  • メッセージ

    人類と病気の戦いは病原菌との戦いでした。抗生物質の発見から人類の勝利に終わったかのように見えましたが、実はまだまだたくさんの感染症が抗生剤の攻撃をくぐり抜け、病気を引き起こしています。現在流行している新型コロナウイルスなど、その感染発症機構を理解してもらいたいと思います。それを人体はどう防御しているか、その免疫機構と併せて理解していただければと思います。皆さんとともに感染制御について一緒に勉強して行ければと思っています。

  • 趣味・特技

    写真撮影
    食べ歩き

  • 好きな言葉

    いいことはおかげ様、悪いことは身から出たサビ(相田みつお)

  • 連絡先

    【E-mail】yagi@iuhw.ac.jp

  • 更新月

    2020.5