大田原キャンパス

看護学科

DEPARTMENT OF NURSING

看護学科

4年間の学修の流れ

高度化する医療に適応できる専門性と人に対する深い思いやりの心を育てます

高度化する医療技術、看護ケアを必要とする人々の多様化などを背景に、看護職の役割は、ますます専門かつ広範囲なものとなっています。看護学科では、このような時代の変化に合わせて、最新の理論と実践の両面から高度な看護技術を習得できるカリキュラムを設けています。中でもコミュニケーション能力の向上を重視しています。人を思いやる心を育てることはもちろん、自ら意思決定できる判断力、何事にも柔軟に対応できる適応力を4年間で磨いていくことができます。

1年次

初歩的な看護知識を身につけ、専門的な学修への基礎を固める。

1年次は「看護とは何か」を理解し、自分なりの看護観を育てることが目標である。総合教育科目を通して幅広い教養や語学力を習得するとともに、専門教育科目で看護の基礎的な理論、知識を学修する。また、保健・医療・福祉サービスの提供の場を体験する「基礎看護学実習Ⅰ」が行われる。看護は対人関係を基盤にして展開される。対象者の悲しみや辛さなどの感情を理解し受けとめながら援助することも求められるが、同時に専門職として接するためには感情管理も必要となるなど、看護者に必要となるヒューマン・スキルを総合的に学ぶ。さらに、医療分野や福祉分野の基礎知識や情報処理技能なども習得する。

1年次実習

滅菌物の取り扱い
(1年生)
  • ■基礎看護学実習 I

看護が展開されている様々な場に臨み、サービスを提供する職種とその連携、サービスの受け手の状況、必要な看護援助等についての理解を深める。
実習場所は栃木県内の関連の医療施設・病院・老人保健施設、福祉施設などである。

2年次

採血実習
(2年生)
  • 講義や実習を通して、人間の健康と病気について学ぶ。

1年次に学んだ看護の基礎をもとにさらに専門的な学修に取り組み、「人が健康であるということはどういうことなのか」、また、「病気になるとはどのようなことなのか」など、人間の健康と病気についての理解を深める。そして、「看護コミュニケーション演習」では、実際の現場を想定したロールプレイングなどを行い、看護を必要とする人々への接し方を身につける。
さらに病気の予防と健康回復、高齢者の看護についての授業も行われる 。

2年次実習

注射器による
薬液の取り扱い実習
  • ■基礎看護学実習 II

入院療養中で日常生活援助を必要としている人を対象に生活上のニーズを判断し、必要な看護を考え、それを実践する。
はじめて一人の患者を受け持ち看護を提供する臨地実習のスタートに位置づけられる。


  • ■老年看護学実習Ⅰ(ふれあい実習)

地域で暮らす高齢者とのふれあい、交流を通して高齢者の生活基盤や必要とする社会資源、支援の在り方を学ぶ。
実習場所は関連の在宅サービス及び大学近隣の地域支援事業・居宅サービス等である。

3年次

PLB授業
(3年生)
  • 対象の健康レベルや発達段階に応じた看護理論や看護方法論を学修し、その上で16週間に渡る臨地実習を通して、各専門領域の看護を理解する。さらにその後、学生が自ら設定した学修課題に基づき、各専門領域での学びを統合する実習を2週間行い、看護実践についての理解を深める。

3年次の専門教育と各領域の実習・統合実習が終わると、ほとんどの学生が看護に対する自信と心構えを持つようになる。

3年次実習

吸引演習(3年生)
  • ■小児看護学実習
  • ■リプロダクティブヘルス看護学実習
  • ■成人看護学急性期実習
  • ■成人看護学慢性期実習
  • ■老年看護学実習Ⅱ(病院・施設実習)
  • ■精神看護学実習
  • ■統合実習

さまざまな健康レベルにある人や発達段階にある人の看護を理解し、対象に適した看護を実践するために必要な知識や技術を学ぶ。さらに、各専門領域で学んだ知識・技術・態度を統合し、看護実践能力を高める。
実習場所は栃木県内の関連病院や近隣の医療施設に加え、静岡、東京、千葉にある関連病院などである。

4年次

健康教育
(4年生)
  • 「看護研究ゼミⅠ(ベーシック)」では、興味のある看護分野について、指導教員のもとで文献の精読と議論を通して批判的な思考力、論理的表現能力を高める学修をする。くわえて看護管理実践において必要とされる基礎的理論や方法論についても学修する。また、最終学年のまとめとして、これまで学修した施設内看護と在宅看護・公衆衛生看護とをさらに統合して学修をすすめる。

学生は就職活動を行いつつ、その上で看護師・保健師の国家試験に向けた学修に取り組む。そして、2月下旬には看護師と保健師の国家試験に臨み、3月末には合格発表がある。合格すれば晴れて看護職の資格が得られる。

4年次実習

健康教育
(4年生)
  • ■在宅看護学実習
  • ■公衆衛生看護学実習 (保健師履修コースのみ)

訪問看護ステーションでの実習を通して、健康問題や障害を抱えながら地域で暮らしている療養者・家族の生活を支える支援方法の実際を学ぶ。
保健所および市町村の保健師活動を通して、公衆衛生看護の実際を学ぶ。実習地域の地区把握、家庭訪問、健康教育、各種健康診断、健康相談などの一端を担いながら、さまざまな活動の意義と相互関係をとらえ、公衆衛生看護の役割と責任、課題について考察する。
実習場所は栃木県内の市町村役場や保健所、訪問看護ステーションなどである。

看護学科カリキュラム構成
臨地実習のスケージュール