大田原キャンパス

看護学科

DEPARTMENT OF NURSING

看護学科

カリキュラム

カリキュラムの概要 ※必修科目のみ掲載

高度化する医療技術、看護ケアを必要とする人々の多様化などを背景に、看護職がもつ役割は、ますます専門かつ広範囲なものとなっています。看護学科では、このような時代の変化に合わせて、最新の理論と実践の両面から高度な看護技術を習得できるカリキュラムを設けています。中でもコミュニケーション能力の向上を重視しています。人を思いやる心を育てることはもちろん、自ら意思決定できる判断力、何事にも柔軟に対応できる適応力を4年間で磨いていくことができます。

4年間の学修の流れ

1年

総合教育科目 コミュニケーション概論、コンピュータの基礎、情報処理Ⅱ(基礎)、大学入門講座Ⅰ(基礎)、英語購読1(Primary)、英語購読2(Basic)、英語CALL1(Primary)、英語CALL2(Basic)
専門基礎科目 公衆衛生学、保健医療福祉制度論、生体形態論Ⅰ(運動器系・循環器系)、生体形態論Ⅱ(内臓学・神経系・感覚器系)、生体機能論Ⅰ(神経・運動・感覚・内分泌)、生体機能論Ⅱ(循環・呼吸・消化器・腎臓)、栄養学、微生物学、病態論
専門・統合分野 基礎看護学概論、看護理論、看護方法論、日常生活援助論Ⅰ(環境と清潔)、日常生活援助論Ⅱ(食事と排泄)、看護技術論Ⅰ(フィジカルイグザミネーション)、基礎看護学実習Ⅰ(看護援助の基本)、在宅看護学概論、公衆衛生看護学概論

2年

総合教育科目 社会保障制度論、統計学
専門基礎科目 リハビリテーション概論、関連職種連携論、臨床心理学概論、薬理学、機能障害論Ⅰ(循環器・呼吸器・血液)、機能障害論Ⅱ(脳神経・消化器・内分泌)、機能障害論Ⅲ(生殖・腎泌尿器・運動・免疫)、機能障害論Ⅳ(精神・小児・老年関連疾患)
専門・統合分野 看護技術論Ⅱ(診察・検査・与薬)、看護コミュニケーション、基礎看護学実習Ⅱ(看護過程の展開)、成人看護学概論、成人看護学方法論Ⅰ(急性期看護論)、成人看護学方法論Ⅲ(慢性期看護論)、老年看護学概論、老年看護学方法論Ⅰ(生活を整える看護)、小児看護学概論、小児看護学方法論、リプロダクティブヘルス看護学概論、リプロダクティブヘルス看護学方法論、精神看護学概論、精神看護学方法論、老年看護学実習Ⅰ(ふれあい実習)、家族看護学、産業保健論、学校保健論

3年

総合教育科目 疫学・保健医療統計学
専門基礎科目 関連職種連携ワーク
専門・統合分野 看護管理学、成人看護学方法論Ⅱ(感染看護論)、成人看護学方法論Ⅳ(がん・リハビリテーション看護論)、成人看護学方法論Ⅴ(技術論)、老年看護学方法論Ⅱ(健康逸脱に伴う看護)、老年看護学演習、小児看護学演習、リプロダクティブヘルス看護学演習、精神看護学演習、成人看護学急性期実習、成人看護学慢性期実習、老年看護学実習Ⅱ(病院・施設実習)、小児看護学実習、リプロダクティブヘルス看護学実習、精神看護学実習、看護研究、統合実習、健康教育論

4年

専門・統合分野 在宅看護学方法論、在宅看護学演習、看護研究ゼミⅠ(ベーシック)、実践看護学特論、在宅看護学実習、公衆衛生看護方法論

保健師履修コース ※保健師教育課程は選択制になります

保健師助産師学校養成課程指定規則に伴い、保健師国家試験受験資格取得のために必要な履修は、平成24年度入学生から選択制(60人)になっています。
選択する学生の選抜は、希望する者について入学後の学修成績、試験、面接等で行い、2年時終了時点で決定いたします。優れた保健師を養成するためのカリキュラムを用意しています。
なお、看護師国家試験受験資格と学士(看護学)の学位は、入学者全員が卒業時に取得します。

総合教育科目 日本国憲法、健康科学理論、健康科学実践
専門・統合分野 対象別保健活動論Ⅰ(発達段階別)、対象別保健活動論Ⅱ(障害別)、地域診断論、健康危機管理論、公衆衛生看護管理論、公衆衛生看護特論、公衆衛生看護学実習