大田原キャンパス

言語聴覚学科

DEPARTMENT OF SPEECH AND HEARING SCIENCES

言語聴覚学科

4年間の学修の流れ

ことば,聞こえ、飲み込みの機能などに問題をもつ人々の期待に応えることができる、 コミュニケーションの専門職を育てます。

言語聴覚士は、1997年に国家資格化されました。言語聴覚学科では、第一線の教授陣を揃え、コミュニケーションや飲み込みの機能に問題を持つ方に質の高い専門的サービスを提供できる言語聴覚士を育成しています。
カリキュラムでは,臨床教育を重視し、4年間で専門的スキルを修得できるようになっています。卒業生は全国各地に就職し、活躍しています。毎年高い国家試験合格率と就職率を誇っています。

1年次

実習の様子
  • 言語聴覚学の基礎知識をしっかり学ぶ

1年次は言語聴覚学の基本概念、言語聴覚障害の種類やその症状、言語聴覚士の仕事内容といった基礎知識を、具体例を通して学びます。
さらに言語のしくみを理解するための言語学や、人の言葉や発声に関連する心理学系、基礎医学系の科目を学び、専門的な学修への基礎を固めます。また、小児施設や高齢者施設でのコミュニケーション演習、関連施設の見学実習も行います。

2年次

実習の様子
  • 講義・演習を通して、コミュニケーション障害の症状を専門的に分析する能力を養う

言語聴覚士には言語と聞こえの障害をもたらす様々な病気、脳や発声・発音器官の働きについての深い知識が求められます。コミュニケーション障害の発生メカニズムを理解し、それを正確に評価・診断する技術も必要です。2年次では各種の言語聴覚障害の特徴を把握し、専門的に分析する方法や手順を習得すると同時に、医学領域の知識も学びます。一連の業務を疑似体験する実践的な演習科目も行われます。また、言語聴覚臨床に直接触れる見学実習を行います。

3年次

実習の様子
  • 障害ごとの原因・症状・評価法・治療を知る専門科目を多数開講

専門科目において、失語症、言語発達の遅れ、発声・発音の障害、吃音、難聴、飲み込みの障害といった言語聴覚障害の原因・症状・評価・治療法について深く掘り下げます。また、学内の言語聴覚センターにおいて評価を主体とした臨床実習を実施します。研究論文を読み解き、主体的な研究能力を身につける「研究法概論・演習」や「卒業研究」といった科目も開講します。

4年次

全国の病院や施設での臨床実習で専門的技術を習得

4年次では学内の言語聴覚センターや全国の医療福祉施設での「総合実習」を実施。患者様への接し方、障害の評価・診断や治療の仕方など、基本的な臨床態度や臨床技術を身につけます。また、病院や施設の特性を理解し、言語聴覚士の役割についても学修。また、言語聴覚士の国家試験に向けての学修と就職活動も行います。

<臨床実習の構成>

科目名 内容 履修学年 単位(時間)
コミュニケーション技能演習 会話体験
施設見学
1年 1単位(30h)
コミュニケーション障害演習 臨床見学・参加 2年 1単位(15h)
言語聴覚障害基礎演習 演習 3年 1単位(15h)
臨床実習Ⅰ(基礎) 評価実習 3年 2単位(80h)
臨床実習Ⅱ(総合) 総合実習 4年 10単位(400h)
関連職種連携実習 ※ 職種間連携 4年 1単位(45h)

※看護師・理学療法士・作業療法士・放射線技師・介護福祉士など医療職種の養成を行う本学の特徴を生かし、各学科の学生が一人の対象者を担当し、評価およびサービス計画を作成します。この連携実習を通して、チーム医療・チームケアに必要な技術を習得します。