大田原キャンパス

理学療法学科

DEPARTMENT OF PHYSICAL THERAPY

理学療法学科

4年間の学修の流れ

心と知識と技術をあわせ備えた、リハビリテーション専門職を養成します

人間としての基本的な動作を取り戻すリハビリテーションを担い、障害を持つ人々の「人生の質=QOL(Quality of Life)」を高める理学療法士。少子高齢化時代を迎え、病院や施設だけでなく、在宅医療・地域保健・福祉の分野にも活躍の場が広がってきています。理学療法学科では、基礎的な科目に重点を置き、理学療法の基本及び基礎知識・技術を徹底指導。同時にコミュニケーション能力の向上も重視し、人の痛みを理解できる心を持った専門職を養成しています。

1年次

豊かな教養と理学療法の基礎を身につけ、専門的な学修への下準備を行う

初めて理学療法を学ぶ新入生のために、理学療法学科では一人の教員が10名前後の学生をサポートするアドバイザー制度を実施し、学修面や学生生活上の助言を行っています。まず1年次は総合教育科目で幅広い教養を身につけ、豊かな人間性を育むと同時に、専門教育科目で医療・保健の基礎知識を学びます。
さらには、理学療法の基礎理論科目や、医療福祉施設を見学する「基礎実習」などで、理学療法の全体像を理解していきます。

1年次実習

■基礎実習(見学実習)
必修・1単位

医学教育では、「早期患者暴露(early patient exposure)」が現在常識となっており、本学においてもこの方法を積極的に取り入れ、1年次より教育関連施設において実習を組み入れている。この基礎実習では、病院・施設の機能、各医療従事者と患者の関わりや理学療法士の業務と範囲、さらに患者の抱える心理的・身体的・社会的な種々の問題点について学ぶことを目的としている。


実習場所は栃木県内の医療施設・保健施設・老人保健施設などである。

2年次

講義と実習を並行して行い、理学療法の全体像を肥握していく

2年次は臨床医学について学ぶとともに、理学療法に関する基礎知識をさらに深めます。代表的な療法である「運動療法」と「物理療法」の特長を理解しつつ、障害を評価する方法や、リハビリテーションの現場でどういった検査・測定が行われるかを学んでいきます。
また、情報収集、検査、計測といった障害の評価に関する実務を小グループに分かれて体験する実習授業なども行われ、3年次の現場実習に備えます。

2年次実習

■臨床実習(検査・評価測定実習)
必修・2単位

既習範囲の基本的検査および測定の実施法、選択、解釈について、教員の指導の下で実際の患者に対し実施する。同時に実際の患者へのアプローチや問診や検査の仕方(手順)などの技能や態度を学ぶことを目的としている。


実習場所は栃木県内の医療施設・保健施設・老人保健施設などである。

3年次

実習の様子
  • 理学療法の高度な知識・技術を習得。3週間の現場実習も体験

運動療法と物理療法についての専門性を深めつつ、自助具・義肢・装具の使用方法や、生活環境の改善についても学修します。
また、疾患ごとの障害の特徴や、高齢者や地域を対象にしたリハビリテーションについての講義も行われます。
さらには、3週間にわたって病院や各種の施設で障害の検査・測定を統合し、問題点を見いだす「評価実習」を実施。実際の現場で障害の評価や障害を抱えた人々への接し方を習得します。

3年次実習

■臨床実習(評価実習)
必修・4単位

3週間 3年次の臨床実習では、臨床的問題を解決するために、理解している知識を総動員し、適切な情報を集め、問題を同定し仮説を証明するための計画を立て、それによって得られた結果の解釈を分析・統合し、治療方針を決定することができるようになることが目的である。
すなわち、この学年の実習の目標は、適切な症例(理学療法の対象となる高頻度疾患・主要疾患)や研究報告を評価することができるようになることである。


実習場所は全国の医療施設・保健施設・老人保健施設などである。


※2年、3年次の実習では4年次の総合臨床実習の準備として、必要な知識・技術の修得を目的としているが、特に理学療法士としての患者に対する態度といった臨床場面での情意領域の教育に重点を置くように配慮されている。

4年次

本格的な総合臨床実習で、理学療法士としてのスキルを磨く

障害の評価から、問題点の把握、治療プログラムの立案、理学療法の実施といった、理学療法士としての一連の業務を体験する「総合臨床実習」が病院や各種の施設で実施されます。そのほか、学生が理学療法分野の中で最も興味の高いテーマを自主的に研究する「卒業研究」も行われます。卒業研究でまとめた研究成果は、学会形式による卒業発表会で発表します。

4年次実習

■臨床実習Ⅰ・Ⅱ(総合実習)
必修・6×2単位

4年次に予定されている総合臨床実習は、これまでに受けた教育の総括的な修練の場と位置づけることができる。この総合臨床実習は、評価、測定、治療、プログラムを作成し、一貫したプラグラム、経過観察ができること、さらに臨床実習指導者の指導・監督の下で、治療訓練の一部を実施し、その適否や有効性について考察できるようになることである。


実習場所は全国の医療施設・保健施設・老人保健施設などである。