大田原キャンパス

視機能療法学科

DEPARTMENT OF ORTHOPTICS AND VISUAL SCIENCES

視機能療法学科

4年間の学修の流れ

視能訓練士とは、「見ること」「見えること」の大切さ、楽しさを伝える専門職です。

近年、特に早期発見・早期治療が提唱されるようになっていますが、眼科医療においても例外ではありません。デリケートな目を守るスペシャリストを求める声は年々高まっています。欧米では古くから医療専門職として活躍している視能訓練士とは視能訓練士法に基づく国家資格をもった医療技術者のことで、眼科医と共同でプログラムを組み、視覚障害を持つ人たちの視機能の回復を手助けします。わが国での歴史はまだ浅く、眼科医約14,000名に対して視能訓練士は約14,000名と少なく、眼科医1人に対し視能訓練士は2~3人が必要と言われており、今後一層の期待が集まる専門職種です。

視機能療法学科の学修内容

1年次

実習の様子
  • 豊かな教育を身につけ、今後必要となる基礎知識を学ぶ

総合教育科目で語学や人文科学を学び、幅広い教育を身につけるとともに、専門教育科目で社会福祉や解剖・生理学などの基礎知識を学びます。視機能療法の専門的教育の中で必要とされる生物、数学、統計、物理については必須科目となっており、1年次では4年間の総合的学修への基礎固めをしっかり行います。また、実際の眼の構造を理解するために豚眼を用いた解剖実習も行われます。

2年次

専門科目の講義や病院見学を通じて視機能療法の知識と
視能訓練士の役割を学ぶ

医学の各分野についての基礎知識とともに、多岐にわたる視機能のメカニズムや光学理論、視力、視野、斜視検査法など視機能療法の基本的な専門知識について学びます。生理光学実習・視能矯正学実習では修得した知識を活かして実践に移します。病院見学を通じて視能訓練士の臨床での役割を理解するとともに、視能訓練では小さな子供が主な対象となりますので、保育や人間発達学といった科目を学びます。

3年次

  • 視能訓練士にとって必要な高度な技術や疾患の鑑別法・治療法を学ぶ

斜視、弱視の病態や検査手技、鑑別および治療法について深く掘り下げて学びます。眼科検査機器の原理や特性、実際の操作法を習得するとともに検査法の意義、検査の信頼性、治療との結びつきを常に考えながら理解を深めます。神経眼科学実習・視覚臨床生理学実習では、データの解析や生理機能の考察を通じて思考力・洞察力を養います。また臨地実習Ⅰでは実際の臨床現場を体験し、4年次の臨地実習Ⅱに備えます。

4年次

臨床実習で視能訓練士として必要な臨床での知識・技術を体得

臨地実習Ⅱでは、全国の病院や眼科施設で実際に患者さんに接する臨床実習を6週間ずつ2回にわたって行い、眼科医療チームの一員としての基本姿勢を学びます。また指導教員の呈示したテーマについてグループ別に卒業研究に取り組み、研究のプロセスを十分に学び、学会形式の卒業研究発表を行います。後期には国家試験に向けての対策講義や模擬試験が繰り返し行われます。