大田原キャンパス

医療福祉・マネジメント学科

Department of Social Services and Healthcare Management

医療福祉・マネジメント学科

「介護福祉コース」とは?

高齢者や障害を持つ人の生活全体に関わり、自立に向けた対人援助の専門家となるために必要な知識と技術を幅広く学びます。知識と技術の学修を重ね、3年次の実習では介護計画を作成・実践するほか、介護福祉士資格だけでなく、社会福祉士資格とのダブルライセンス取得が可能なカリキュラムとなっています。

介護福祉士国家試験合格率



国家資格「介護福祉士」について

  • 介護福祉士の仕事内容
    介護福祉士は日常生活を営むことが困難な高齢者や障害を持つ方の生活を支援する専門職です。施設や在宅で自立した生活が送れるよう支援し、家族などの相談に応じたり介護の指導も行います。また医療との連携が求められる現在、技術だけでなく専門知識を有する職種として重要視されています。
  • 介護福祉士の魅力
    高齢者の方や障害を持った方たちと過ごす時間は、毎日が変化に富んでいて新たな発見や充実感があり、利用者との出会いを通して、学び、自分を磨き、人として成長できる仕事です。そしてこの仕事の一番の魅力は利用者からの「ありがとう」という感謝の言葉や笑顔です。これは、人の日常に関わる究極のサービス業ともいえる介護職の仕事でしか味わえない独特の魅力です。
  • 介護福祉士のニーズ
    今や4人に1人が65歳以上の高齢者という超高齢社会です。そこで、栄養学・調理・心理学・医学一般の知識に加え、リハビリテーション技術と介護サービスを熟知した介護福祉士の存在価値はますます大きくなってきています。介護福祉士と社会福祉士の両方の国家資格を取得することも可能で、経験をつみ介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得することで、さらなる仕事の幅が広げることができます。
  • 介護福祉士の主な活躍の場所
    ・介護老人福祉施設 ・介護老人保健施設 ・障害者支援施設 ・在宅介護サービス事業所 ・自治体

学生の声

小坂 鈴菜さん(4年)
栃木県立宇都宮清陵高等学校出身

カリキュラム

  • 介護福祉コースのカリキュラムはこちら をご覧下さい。


★介護福祉以外の4つのコース(介護福祉コースは入学時、他のコースは2年進級時に選択します)