大田原キャンパス

医療福祉・マネジメント学科

Department of Social Services and Healthcare Management

医療福祉・マネジメント学科

「精神保健福祉コース」とは?

心に病を抱える人や家族を支援し、その人らしい生活を支援するために必要な精神疾患などの医療知識や精神保健福祉領域での相談援助技術、生活支援などを総合的に学びます。4年次に病院や施設での実習を通して4年間の総仕上げを行います。社会福祉士とのダブルライセンス取得もめざせます。

精神保健福祉士国家試験合格率



国家資格「精神保健福祉士」について

  • 精神保健福祉士の仕事内容
    精神保健福祉士とは精神的な障害を持つ人やその家族に、日常生活に適応できるための助言や指導、訓練などを行い、自立、社会復帰をサポートする専門職です。ストレス社会となっている現在、自治体だけでなく企業や教育機関からも注目されている職種であり、社会との橋渡し的役割を担っています。
  • 精神保健福祉士の魅力
    精神保健福祉士は精神的な障害を持つ人やその家族をそばで支えながら、一緒に問題の解決をめざします。医療機関や施設、地域の組織などと連携し支えられながらも、患者さんが社会生活に適応することができた時には、達成感とこの上なく大きなやりがいを感じることができます。
  • 精神保健福祉士のニーズ
    年々精神的病を患う人の数は増加していて、医療の現場において精神保健福祉士を必要とする病院・施設が増加しています。また精神的ストレスが社会的問題になっていることもあり、企業や教育機関でも精神保健福祉士の需要は高く、ストレスを抱えた社員へのケア、いじめや不登校児への対応と近年仕事は多岐にわたっています。
  • 精神保健福祉士の主な活躍の場所
    ・病院 ・診療所 ・福祉施設 ・保健所 ・保健センター ・保護観察所 ・矯正施設 ・自治体 ・学校 ・EAP企業

学生の声

佐藤 絵美瑠さん(4年)
茨城県立日立北高等学校出身

カリキュラム

  • 精神保健福祉コースのカリキュラムはこちら をご覧下さい。


★精神保健福祉以外の4つのコース(介護福祉コースは入学時、他のコースは2年進級時に選択します)