大田原キャンパス

薬学科

Department of Pharmaceutical Sciences

薬学部

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

薬学科の求める学生像


<薬学科>(薬学部)
1.求める学生像
本学が入学者に求める要件を十分理解し、薬剤師として、豊かな心、コミュニケーション能力、新しい知識の追求に向けた関心や意欲を持ち、日々進化する薬物療法における高度化・専門化及び国際化に対応し、学びを深めるための科学的根拠に基づく論理的な思考力を身につけることが期待できる人

2.薬学科の入学者に求める要件
1)知識・技能
高等学校等で学んだ教科に相応した基礎知識と、化学等の理数系科目の修得を通して身につけた科学的な思考力・理解力、また、語学系科目(英語)の修得を通して身につけた読解力を有していること。

2)思考力・判断力・表現力
薬剤師に必要な新しい知識を学ぶ意欲及び主体的な目標設定をもとに努力を継続する力、自ら思考し、判断したことを適切に表現する力を有していること。

3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
本学の基本理念及び教育理念を十分理解し、薬剤師として「共に生きる社会」の実現に寄与する意志を持つ人、他者と協調的に連携を図り、地域とのつながりを大切に考え、薬学の発展に貢献したいという強い意欲をもとに自他ともに研鑽しあう意志を持つ人であること。


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

薬学科カリキュラム・ポリシー:CP/教育目標:SBO


<薬学科>(薬学部)
薬学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
a.薬学の専門家として必要な知識・技能を修得するために、講義、演習、実習を相互に関連付けて科目を配置する。
b.薬物治療の実践的能力を高めるために、知識・技能を統合した能動的学修を実施する。

CP2:
a.問題発見から解決する能力および科学的根拠に基づいた論理的思考力を養うために、問題解決型学修 (PBL) をはじめとする能動的学修を講義、演習、実習で実施する。また、参加型実践的科目として卒業研究を配置する。
b.薬剤師として臨床での総合的実践能力を身につけるために、参加体験型学修である実務実習を行う。

CP3:
a.医療人としてのコミュニケーション能力を養成するために、ロールプレイを含む参加型実習を行う。
b.薬剤師の役割を理解するために、他職種との連携教育を実施する。

CP4:
a.薬剤師としての使命感・倫理観・責任感および豊かな人間性を涵養するために、スモールグループディスカッション (SGD)等を含めた講義、演習、体験実習を配置する。
b.国際的な感覚を養うために、世界の保健福祉事情に触れ、語学能力を高める機会を設ける。
c.生涯にわたり自ら研鑽できる医療の担い手になるために、ポートフォリオを用いた形成的自己評価の機会を設ける。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)

<1年次(SBOs1)>

CP1-a:薬学で必要となる基礎科目(化学系・物理系・生物系)の知識・技能を修得するとともに、問題発見から解決のプロセスに関する知識を修得する。

CP2-a:薬学で必要となる基礎科目(化学系・物理系・生物系)の知識・技能を修得するとともに、問題発見から解決のプロセスに関する知識を修得する。

CP3-a:社会人・医療人としてのコミュニケーションに関する知識を修得する。

CP3-b:薬剤師を含む医療職の職能を理解するとともに、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。

CP4-a:薬剤師を含む医療職の職能を理解するとともに、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。

CP4-a:総合教育科目(人間系、社会系、自然・情報系、総合系)を通して幅広い教養を身につけ、豊かな人間性を育む。

CP4-b:外国語を学修するとともに、海外の保健福祉事情に触れる。


<2年次(SBOs2)>

CP1-a:基礎薬学科目の知識・技能を広く修得するとともに、衛生薬学・医療薬学科目の知識・技能を修得する。

CP2-a:与えられた課題に関するデータを能動的に収集・分析・考察する能力を修得する。

CP3-a:コミュニケーション実習を通してコミュニケーションスキルの基礎を修得する。

CP3-b:他職種の中での薬剤師の役割を理解する。

CP4-b:語学能力を高め、医療英語を修得する。


<3年次(SBOs3)>

CP1-a:衛生薬学・医療薬学科目の知識・技能を広く修得する。

CP2-a:与えられた課題に関するデータを能動的に収集・分析・考察する能力を修得する。

CP3-a:医療コミュニケーションを修得するとともに、多職種の中での薬剤師の役割を実践することで専門領域を超えて問題を探究する姿勢を身につけ、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。

CP3-b:医療コミュニケーションを修得するとともに、多職種の中での薬剤師の役割を実践することで専門領域を超えて問題を探究する姿勢を身につけ、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。

CP4-a:医療コミュニケーションを修得するとともに、多職種の中での薬剤師の役割を実践することで専門領域を超えて問題を探究する姿勢を身につけ、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。

CP4-a:組換えDNA・動物実験教育訓練を通して実習および卒業研究で必要となる研究倫理を理解する。

CP4-b:海外の保健福祉事情を知る。


<4年次(SBOs4)>

CP1-a:基礎薬学、衛生薬学、医療薬学を関連付けて修得する。

CP1-b:4年次までに修得した知識、技能を活用し、薬物治療を適切に評価する。

CP2-a:自ら問題を発見し、解決に必要となるデータを能動的に収集・分析・考察する能力を修得する。

CP4-a:研究倫理講習を通して卒業研究で必要となる研究倫理への理解を深める。


<5年次(SBOs5)>

CP1-b:実務実習(病院・薬局)を通して薬剤師(実習生)として使命感・倫理観・責任感をもって行動するとともに、臨床で必要となる実践的能力を身につける。

CP2-a:卒業研究を通して科学的根拠に基づいて課題を発見したり、問題点を解決する能力を修得する。

CP2-b:実務実習(病院・薬局)を通して薬剤師(実習生)として使命感・倫理観・責任感をもって行動するとともに、臨床で必要となる実践的能力を身につける。

CP3-a:英語による医療コミュニケーションを実践する。

CP4-a:実務実習(病院・薬局)を通して薬剤師(実習生)として使命感・倫理観・責任感をもって行動するとともに、臨床で必要となる実践的能力を身につける。

CP4-b:英語による医療コミュニケーションを実践する。


<6年次(SBOs6)>

CP1-a:薬学に関する全ての知識を統合し、患者に対する適切な薬物治療を選択・実践できる応用力を修得する。

CP1-b:薬学に関する全ての知識を統合し、患者に対する適切な薬物治療を選択・実践できる応用力を修得する。

CP2-a:卒業研究を通して科学的根拠に基づいて課題を発見したり、問題点を解決する能力を修得する。

CP2-a:卒業研究発表および実務実習報告会などを通して取り組んだ問題、課題などを薬学的知見および科学的根拠に基づいてまとめ、プレゼンテーションする能力を修得する。

CP4-a:学内での講義・演習・実習および実務実習(病院・薬局)で養った薬剤師としての倫理観・責任感・使命感を総合的に身につける。


ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

薬学科のディプロマ・ポリシー


<薬学科>(薬学部)
薬学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:薬学に関する基礎および専門的な知識・技能をバランスよく有している。

DP2:問題の発見から解決までの一連のプロセスの中で、必要な情報を収集し、科学的根拠に基づき論理的に考え行動できる。

DP3:医療人を目指す者として、人間理解、国際的感覚を養い、相手に寄り添ったコミュニケーションを実施できる。

DP4:薬剤師を目指す者として、使命感・倫理観・責任感を養い、他職種との連携を通して薬剤師の役割を理解、実践できる。

DP5:保健・医療・福祉について、日本にとどまらず世界の情勢を広く理解し、地域に貢献する姿勢と実践能力を有している。

DP6:医療の担い手を目指す者として、幅広い教養と豊かな人間性を育み、生涯にわたって自他ともに研鑽しあえる姿勢および意欲を有している。

DP7:生命科学的知識および研究マインドを基に、薬物療法を実践する能力を有している。


特長


5つの特長

めざすは「臨床に強い薬剤師」。「チーム医療・チームケア」を実践する力を養成します。

臨床に強い薬剤師、すなわち「チーム医療・チームケア」に貢献できる人材を育てるため、本学では質の高い授業を実施。
看護、理学療法など、専門領域との垣根を越えて学部学科横断型の講義が行われ、幅広い知識を得ることができます。
また、大学関連医療施設が数多くあり、それらの施設を活用して、充実した臨床実習を受けることができ、学内には全国有数の規模である「模擬病院薬局」「模擬保険薬局」があるのも大きな特長です。

■Feature01

医療福祉の総合大学ならではの多彩な学科、充実した実習施設で実現。
実践的に「チーム医療・チームケア」を学ぶ。

現代の医療福祉現場に欠かせない「チーム医療・チームケア」。本学は医療福祉の総合大学であり、薬学部のある大田原キャンパス(栃木県大田原市)には医療福祉専門職を志す3学部8学科が集まっています。また、5つの附属病院をはじめ、多数の関連施設を有し、充実した実習環境を整えています。「関連職種連携教育」では、学部・学科間の垣根を取り払ってチームを編成し、グループワークや医療福祉現場での実習を行います。多職種間連携の考え方やスキル、さらにコミュニケーション能力も身につけた「チーム医療・チームケア」を担う医療人材育成をめざしています。

■Feature02

私立大学全国1位の国家試験合格率。

本学の2019年度の薬剤師国家試験合格率は97.8%で、私立大学全国1位です。4年次での共用試験に向け2年次から演習授業を実施するなど国家試験対策を含めたサポートをしています。


2019年度薬剤師国家試験合格率(2020年3月卒業生実績)



薬剤師国家試験合格率 5年間の推移

年度 2015 2016 2017 2018 2019
本学合格率(新卒) 99.1% ※1 99.1% ※2 97.0% ※2 97.3% ※3 97.8% ※2

※1 受験者数100人以上の大学で合格率全国1位

※2 私立大学全国1位

※3 私立大学全国2位

■Feature03

臨床に強い薬剤師を育てるカリキュラム。

薬局で処方せん通りに調剤するだけではなく、医療現場において、医師に対し薬物治療の提案を行ったり、医師・看護師などとチームで患者さんに対応したりすることができる、臨床に強い薬剤師の養成をめざします。本学では、学内・学外での実習に重きを置くとともに、コミュニケーション能力を養うためのカリキュラムを用意し、現場で即戦力となる薬剤師を養成します。




■Feature04

充実した学生生活を送るためのサポート体制。

入学後から充実した学生生活を送れるようにサポート体制を整えています。ひとり暮らしの悩みや就職相談まで幅広く対応し、それらの状況を保護者の方にもお知らせしています。また、附属病院やキャンパス内のクリニックで診療を受けられます。




■Feature05

学びのチャンスを広げる学費の低額化。

薬剤師をめざす方の進学をさまたげる大きな要因のひとつが、経済的な負担だと言われています。本学では、薬剤師をめざす皆さんが学びのチャンスを諦めることのないよう、6年間の学費を全国平均より低額に抑えました。

薬学部(6年制)6年間合計 9,900,000円
学 年 入学金 授業料 実験実習費 施設設備費 合 計
初年度 300,000円 1,100,000円 50,000円 300,000円 1,750,000円
2~6年次 - 1,100,000円 230,000円 300,000円 1,630,000円

6年間合計 9,900,000円
※全国私立大学薬学部の平均学費6年間合計12,100,000円
(2020年度日本私立薬科大学協会資料より)


特待奨学生制度

さらに学費の負担が軽減されるよう、『特待奨学生制度』を導入。特待奨学生特別選抜入試、一般入試前期、大学入試センター試験利用入試の成績上位合格者から特待奨学生を選抜します。国立大学学生納付金標準額よりも低い納付金での進学も可能となります。